○○の話(製作環境)

○○の話
スポンサーリンク

第4回○○の話!!

今回は「製作環境」についてです。

皆さんは、どのような環境で模型製作をされていますか?

私は、自室に製作スペースを設けて趣味を楽しんでいます。

広い部屋じゃ無いので、「コンパクト、凝縮、全方位」のコンセプトを元に

製作スペースを作りました。

製作環境の全容

こちらが、私の製作スペースです。

ロフトベッドの下で、ちまちま模型製作しています。(ニヤリ

写真では、ごちゃごちゃしてるので、簡易な図で説明します。

上記の写真を図にすると、この様になります。(センスが無いので、これが限界です。)

右が作業机、左が塗装机と2つに分けています。

椅子は腰痛になるといけないので、ちょっと良いデスクチェアを購入しました。

椅子の後ろと、作業机の横にあるのは、スチールラックです。これで収納場所を増やしています。

作業机の横と正面(後で記載)は、ワイヤーネットを設けて、こちらも道具の収納に使用しています。

製作環境の詳細【全体】

ここからは、詳細を書いていきます。

ロフトベッド

まずは、この製作スペースの「要」である、ロフトベッドの詳細

こちらのロフトベッドを購入する所から、私の製作スペース作りが始まりました。

横幅200cm×奥行100cm×高さ140cmで、大きな畳1枚分ぐらいの広さです。

勿論、上で就寝してますよ。

作業机と塗装机

作業机と塗装机は同じもので、「ナカバヤシ 折りたたみデスク&チェア 」を購入しました。(チェアは、私は使っていません)

縦幅36cm×横幅41cm×高さ67.5cm で、ロフトベッドの下に収まる机を選びました。

シンプルで丈夫な机です。

デスクチェア

長時間、模型製作をする場合、腰の負担を考えました。

考えた結果、こちらの「オカムラ ヴィスコンテ 」を購入しました。

新品だと6万円程するのですが、私は運よく中古で2万円程で買うことが出来ました。

中古ですが新品と変わらない(どこが中古かワカラナイ)ぐらい状態が良かったです。

おかげで2~3時間座っていても、腰が痛くなりません。

スチールラック

製作机の背後に佇む、スチールラックです。

ダイソーに売っているスチールラックのパーツを、カスタマイズして作りました。

綿棒や爪楊枝を置いているので、後ろを振り返るだけで、取れる様にしています。

キャスターが付いているので、塗装をする時に移動(後で記載)して、パーツ置きに利用する事が多いです。

こちらは、作業机横のスチールラックの一部分です。

ここには、ピンセット、ヤスリやモーターツール等を置いています。

製作環境の詳細【作業机】

こちらは、作業机を正面で撮影した写真です。

図にすると、こんな感じ。

ロフトベッドの梁に照明を設置しています。

カッターマット(A2)の上で製作しています。

主要な道具は、100均で購入した調味料入れに入れています。(机の右側)

ワイヤーネットに道具を掛けて、すぐ取れて、すぐ収納出来るようにしています。

10インチのタブレットで、動画や音楽を聞きながら製作しています。(机の右奥側)

毎回、最後に片付けて、上記の写真の状態にして終わらせています。(整理整頓大事!)

製作環境の詳細【塗装机】

こちらは、作業机から振り返って、スチールラックを移動した塗装机の正面写真です。

図にすると、こんな感じ。

前回の「エアブラシの話」で、記事にしたプラチナセットを塗装机に設置しています。

コンプレッサーは、床に耐震シートを敷いて置いています。

塗装作業時の照明

こちらもロフトベッドの梁に照明を設置していますが、これだけでは暗いので

Zライト Z-208」と 色評価用の蛍光灯「パナソニック 20形直管蛍光灯」を

設置しています。塗装する時に色がハッキリ見えるので、オススメです。

塗装ブースと排気方法

塗装ブースは「タミヤ スプレーワーク ペインティングブースII」を設置しています。

ミストを排出する排気ホースは、普段室内に納めています。


塗装する時に、 ベランダに出る扉に挟んで、ミストを外気に排出しています。

これの利点は、壁に穴を開ける等の工事がいらないので、コストカットが出来ました。

自室にある、もう一つの窓には、「窓用換気扇」を設置して、シンナー臭を軽減してます。

製作環境の詳細【その他】

作業机の横のロフトベッドの梁に、カーテンレールを取り付けて、

100均の「ウッドクリップ」で製作中のランナーを挟んで吊るしています。

立てかけるより、スペースを取らず目視が容易なので便利です。

写っていませんが、ゴミ袋も吊るして、ゴミ捨てを容易にしています。

最後に押入れです。

押入れの半分を模型製作用の物置にしました。

下段に3段ラックと乾燥機や、薄め液のストック、ティッシュ等の備品を置いています。

上段には、製作中のパーツを置いたり、積みプラやプラ板、プラ棒を主に置いています。

まとめ

いかがだったでしょう。第4回「製作環境の話」は以上です。

コンセプト通り、自分を中心に360°全体を利用して「コンパクト、凝縮、全方位」を

実現させました。

狭いスペースでも知恵を絞れば、便利で快適な環境を作る事が可能です。

良い事ばかり書いてますが、勿論欠点もあります。それは・・・

屈んで入退出しないと、頭をロフトベットの梁にぶつける!

何度か頭をぶつけていますよ。(涙

なぜ、自分の製作環境を公開したかと言うと、この話を先にしないと

他の話の記事が難しいと思ったからです。

かと言ってこの記事も、自分では難しいなと悪戦苦闘しながら書きました。

なんとか形に出来たかな~っと(読みにくかったらスミマセン)

この記事を起点に、ますます「○○の話」を膨らませて行きますんで、今後とも

宜しくお願いします。

少しでも参考になったなら幸いです。


**********************************
記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ主のモチベーション向上の為 、広告クリック協力を宜しく御願いします。
広告バナーも良ければ利用して下さいね♪

○○の話 道具
スポンサーリンク
ツイッター始めました。フォロー御願いします。
模型の教科書

コメント