ランボルギーニ カウンタック LP400完成レビュー

完成レビュー
スポンサーリンク

第2回完成レビューです。

今回は、カーモデルの「ランボルギーニ カウンタックLP400」です。

私が製作した記念すべき、 初のカーモデルです。

参考動画

参考にさせて頂いた動画は、アクトオンTV「大人のプラモ道」の

プロモデラー北澤志郎先生が丁寧に解説しているのを何度も見直し、何とか形にしました。

完成画像

画像、動画のみの完成ギャラリーはこちら

何もかも初めてだったので、完成するのに3ヶ月程かかってしまいました。

悪戦苦闘しつつ、楽しみながら製作した事を、今でも覚えています。

ボディーはクリア塗装を4回重ねて、コンパウンドで磨き、鏡面仕上げにしています。

エッチングパーツを、初めて使いました。

エンブレム等、ディテールアップしています。

後ろ姿です。ナンバープレートのデカールが破れてますね~(笑)

完成間近に焦った為、雑に扱った結果です。

戒めとして、このままにしています。

ライトは開閉出来るように、改造しました。

参考動画の様な、改造では無いので保持力がありません。

フロントガラス等のクリアパーツは、接着剤の、はみ出しや指紋で曇ってしまってます。

遠目で見ると良い感じ。(自画自賛)

ドア、ボンネットは、接着せずに取り外し可能にしています。

エンジンも参考動画を元に製作しました。

内装も手を抜かず頑張りました。

シートベルトには、エッチングパーツと製本テープを使って表現しています。

助手席側からのショット。

タミヤ ディスプレイケースCに飾っています。

台座も画像編集ソフトを使って製作しました。

飾ると、こんな感じ。

完成動画

動画も撮影しました。滑らかにライトの光が流れてますね。

カウンタックLP400
カウンタックLP400大回転

成功・失敗・対策

成功した点

パーティングラインや表面処理を丁寧に行った事で、ボディが綺麗に仕上がった。

動画を見返す事で、カーモデルの基本が身に付いた。

失敗した点

①バックナンバーのデカールが、スプレー缶でクリアコーティングした為、デカールが溶けて破れてしまった。

②クリアパーツの扱いが雑で、汚れてしまった。

今なら出来る対策

①に対して・・・完成を焦らない。デカール保護はエアブラシで砂吹きして慎重に扱う。

②に対して・・・これは今でも扱いが難しいですね。模索中です。

感想

いかがだったでしょう。模型製作初心者&初カーモデルの私でも形にする事が出来ました。

アクトオンTV「大人のプラモ道」では、さまざまなジャンルの模型をプロのモデラーが丁寧に、組み立てから塗装、完成まで解説してくれています。

この他にも戦車、ジェット機を参考に製作しています。こちらも今後、記事にしたいと思います。

紹介したキットの販売情報

**********************************
記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ主のモチベーション向上の為 、広告クリック協力を宜しく御願いします。
広告バナーも良ければ利用して下さいね♪

完成レビュー
スポンサーリンク
ツイッター始めました。フォロー御願いします。
模型の教科書

コメント