妖怪ウォッチ ブシニャン完成レビュー

完成レビュー
スポンサーリンク

第8回完成レビューです。

妖怪ウォッチシリーズ製作の3体目はレジェンド妖怪「ブシニャン」です。

ブシニャンとは・・・


「イサマシ族」。レジェンド妖怪。ジバニャンの先祖で、剣の達人。一人称は「それがし」。
アニメ版では特定の妖怪メダルを集めたことで出現した。最初はジバニャンが侍のコスプレをしていると思われ、ケータとウィスパーは相手が本当にブシニャンだということを信じていなかった。ケータとウィスパーの友情を見たことで感動しながらケータを認め、自分の子孫をよろしく頼むと伝えながらメダルを渡した。武士らしい言動をしているものの、スマホで自分撮りをしたり、ニャーKB48の写真集(保存用)を読んだりするなど現代的。何かを斬る際には、「〜真っ二つ斬り」や「〜三等分斬り」といった名前を付けている。物を斬れない状態が続くと、禁断症状で暴走する。


Wikipedia より抜粋

完成画像


ブシニャン推参!!


トップコートは、兜、鎧、首の玉、刀、人魂をツヤあり。

その他はツヤなしで仕上げています。

鮮やかな鎧兜に仕上げようと思い、

発色の良いガイアノーツ「エメラルドグリーン」をベースに調色しました。

鞘の部分は肉抜きがあったので、

プラ板とパテで、それなりに仕上げました。

人魂は定番になった、

ラッカーの黄色→ムーンストーンパール→エナメル黄色→エナメル薄め液で拭き取って仕上げています。

兜の三日月マークは、目立つように

メタリックゴールドで塗装しました。

胴体のパーツは一体物だったので

細かい塗り分けはマスキングで行いました。

胴体のアップです。

スミイレは、黒のエナメルと、

コピック黒の0.2~0.5mmを使って境界をハッキリさせています。

腕パーツのアップです。

腕と肩の甲冑も一体物だったので、

マスキングの連続でした。

スタンドは、妖怪ウォッチの

準レギュラー「ウィスパー」です。

こちらも、マスキングで塗り分けし、

コピックでスミイレしました。

無残に斬られてしまってます。(南無

完成動画

恒例の動画です。

妖怪ウォッチ ブシニャン
ブシニャン大回転

成功した点・失敗した点

成功した点

マスキングテープを駆使して細かい塗り分けが上手く行った。

パテ埋めや、合わせ目消しの部分が綺麗に処理出来た。

失敗した点

刀を、もう少し綺麗に仕上げたかった。

感想

マスキング技術向上の為に、筆塗りに頼らず細かい場所もマスキングで

塗り分けを行いました。

大変でしたが結果、綺麗に仕上がったと思います。

妖怪ウォッチシリーズも3体目なので、完成度が上がった実感がありますね。

紹介したキットの販売情報

**********************************
記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ブログ主のモチベーション向上の為 、広告クリック協力を宜しく御願いします。
広告バナーも良ければ利用して下さいね♪

完成レビュー
スポンサーリンク
ツイッター始めました。フォロー御願いします。
模型の教科書

コメント